ABOUT | kogekobo

花炭について

木の実や野菜、果物などの植物をそのまま炭にしたものを

「花炭」や「飾り炭」と呼びます



炭の力で空気を洗う


炭にはミクロ単位の無数の小さな穴が空いており

1gあたりの表面積で200〜400㎡

(約テニスコート1面分)にもなります

水分やニオイの素の分子が炭に近づくと、両者の間に

分子間力が働き炭の中に引き込まれます

このように空気中の分子を吸収することで

花炭は消臭・調湿効果を発揮します





環境に優しい製造

実は、花炭の製造過程では大気中のCO2は増加しません

植物を燃やした際に排出されるCO2は

その植物が成長過程で吸収したものであるためであり

これをカーボンニュートラルといいます

炭の利用は環境保護への取り組みとしても推奨されており

私たちも地球温暖化防止に取り組んでいます





繊細で希少なインテリア

炭は水分などが抜けて炭素だけで構成されているため

非常に軽く、壊れやすくなります

中でも花炭は軽くて複雑な形のためより脆くなり

配送時に崩れやすくなってしまいます

このため花炭製品のあまり流通しておらず

見かけたことがある方は少ないでしょう

私たちは、より多くの人にもっと花炭とその素晴らしさを

知って欲しいと考え、配送方法を試行錯誤して

皆様にお届けできるようにしました





黒い薔薇が咲いているような

シダーローズ

シダーローズとはヒマラヤ杉という木になる松ぼっくりです。

炭にすることで薔薇が咲いているような形になることから

シダーローズ(木の薔薇)と名付けられました

ヒマラヤ杉の原産地はヒマラヤ山脈であり、

ヒンドゥー教では聖なる樹木として崇拝されています

上毛工房のロゴはこのシダーローズがモチーフであり

当店の看板商品となります



詳しくは、上毛工房HPをご覧ください